大阪の会社員が独り言を書いてみました。


by niba3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<新ブランド>「一澤信三郎帆布」のカバン発売へ


学生時代に時々買っていた「関西ウォーカー」でも
よく紹介されていて、
電車等で見かけるとすぐに判る
キャンパス地のかばん~ 一澤帆布

↓このように紹介されています。

一澤帆布の初代は嘉永6年生まれ。新しいもの好きで、いまでいうクリーニング店をはじめたり、楽団を作って無声映画や舞台の伴奏をされていたとか。そして、明治38年ごろ、当時高価だったミシンを使ってシャツやかばんを縫い始めたのがこのお店のはじまりです。帆布はキャンバス地のこと。丈夫で長持ちするため、牛乳配達袋、地質調査用カバン、道具袋、酒屋さんの配達袋などに使われてきました。そしていまお店に並ぶ商品は、いずれもオリジナルな美しい色の帆布を使い、デザイン性も実用度も高く開発された品物ばかり。土曜日と祝日は混雑するので、なるべく平日にでかけましょう。



そのかばん屋さんが、いわゆる 相続争い を繰り広げている。

亡くなった先代会長の遺産相続の遺言をめぐって、前社長で弟の一澤信三郎氏(57)と信太郎氏が訴訟で争い、信三郎氏の敗訴が確定。

臨時株主総会で信三郎氏らは役員を解任され、新たに信太郎氏らが選出され、
信三郎氏は、同氏の長女が設立した製造会社「一澤帆布加工所」で製作される製品を販売する販社「一澤信三郎帆布」を設立し、2006年4月より店舗営業を開始すると発表していた。
[PR]
# by niba3 | 2006-03-21 23:46 | ニュース

9回終了 日本 10-6 キューバ

    1 2 3 4 5 6 7 8 9
日 本 4 0 0 0 2 0 0 0 4
cuba 1 0 0 0 0 2 0 2 1




[5回表]

3:イチロー レフト前に2ベースヒット

4:松中 ライト前にヒット

ノーアウト 1塁3塁

キューバ投手交代

5:多村 サード強襲のヒット
イチローが5点目のホームイン。

ノーアウト 1塁2塁

6:里崎 バント成功。

1アウト 2塁3塁

キューバ投手交代

7:小笠原 レフトフライ。3塁の松中がタッチアップでホームイン。6-1

2アウト 2塁

8:今江 ショートゴロ。

イチローのヒットをきっかけに貴重な追加点を入れる。

[5回裏]

投手:渡辺俊介に交代

8:ペスタノ 空振り三振。

9:ラミレス ショートライナー。川崎が好守備をみせる。

1:パレ 空振り三振。

キューバの打者は渡辺にタイミングが合わない。
すばらしいピッチングで三者凡退。

[6回表]

9:金城 センターフライ。

1:川崎 セーフティバント、惜しくもアウト。

2:西岡 サードゴロ。


[6回裏]

2:エンリケス ファーストゴロ。

3:グリエル ショート川崎のエラーで1塁。

1アウト 1塁

4:ボレロ レフト前ヒット

1アウト 1塁2塁

5:セペダ 3塁線を抜けるヒット。2塁から生還。

6-2

1アウト 2塁3塁

6:ウルティア センター前ヒット

6-3

1アウト 1塁3塁

7:ガルロボ セカンドゴロで併殺。

渡辺が3連打を浴び、2点を取られる。


[7回表]

3:イチロー セカンドゴロ。

4:松中 空振り三振。

5:多村 空振り三振。


[7回裏]

8:ペスタノ ショート川崎のエラー。

ノーアウト 1塁。

9:ラミレス ショートゴロ。併殺打。

1:パレ ファーストゴロを1塁カバーのピッチャー渡辺が落球。

2アウト 1塁。

2:エンリケス ライトフライ。

日本のミスが出て、ピンチを招くが
無失点でしのいだ。


[8回表]

6:里崎 ショートゴロ。

7:小笠原 セカンドゴロ。

8:今江 空振り三振。


[8回裏]

3:グリエル ピッチャーの頭を越える内野安打。

ノーアウト 1塁

投手交代 渡辺→藤田

4:ボレロ レフトフライ。

1アウト 1塁

5:セペダ 2ランホームラン。。。

6-5

投手交代 藤田→大塚

6:ウルティア ピッチャーゴロ

7:ガルロボ ライトフライ

2ランホームランで1点差となるが
大塚がキューバ打線を抑える

[9回表]

9:金城 サードゴロでサードの送球が乱れる。内野安打。

ノーアウト 1塁

1:川崎 送りバント失敗。

1アウト 1塁

2:西岡 セーフティバント成功!!

1アウト 1塁2塁

3:イチロー ライト前ヒット!!!
2塁の川崎がホームイン

7-5

1アウト 2塁3塁

4:松中 敬遠 四球

1アウト 満塁

キューバ投手交代

5:多村 → 福留 レフト前ヒット!!!
2点追加

9-5

1アウト 1塁2塁

6:里崎 四球

1アウト 満塁

キューバ投手交代

7:小笠原 浅いライトフライ。3塁松中がタッチアップでホームイン。

10-5

2アウト 1塁3塁

キューバ投手交代

8:今江 ショートゴロ。


[9回裏]

8:ペスタノ 左中間に抜ける2ベースヒット

ノーアウト 2塁

9:ラミレス ライトフライ。2塁ランナーがタッチアップで三塁へ。

1アウト 3塁

1:パレ 内野安打。3塁生還。

10-6
1アウト 1塁

2:エンリケス 空振り三振。

2アウト 1塁

3:グリエル 空振り三振。

試合修了!!!
日本、世界一!!!

















イニング詳細


日本4点先制 キューバもソロで1点返す
[PR]
# by niba3 | 2006-03-21 12:49 | スポーツ

メジャーへの道

松坂株急上昇


松坂はポスティングシステム(入札制度)での米大リーグ移籍を希望していたが、
球団側は許してくれそうにない、
フリーエージェント(FA)の権利を取得するのは早くても2008年オフだ。


ポスティングシステムとは?

所属球団の承認を得て、米球界入りを希望する日本球界の選手の交渉権を、MLB球団が入札で得る。

本来、FA権利を取得する迄の期間は球団に所属する義務が発生するが、ポスティングの場合は早期に移籍可能な為、近年これを希望する選手が多くなっている。

但し、選手に移籍先の選択権はなく移籍金も低額である為、球団にこだわりを持たずMLB志向の選手にとっては、好都合である。

しかし、日本球界の規則を覆す制度であり、制度を認めない球団が多く、ファンなどの反発も多い。


フリーエージェントとは?

通称FA。選手が自分の好きな球団に移籍ができる権利。
ただし、FAの資格を持った選手に限る。
現在の資格取得条件は、出場選手登録日数が9シーズン
(ドラフト会議で逆指名して入団した選手は10シーズン)に達すること。
なお、1シーズンの考え方は次の通り。
 
・年間出場選手登録が150日以上の時
    その年を1シーズンとする。(150日超過分は切捨て)
 ・年間出場選手登録が150日未満の時
    150日未満の年の日数を合計し、150日ごとに1シーズンとする。
[PR]
# by niba3 | 2006-03-20 19:06 | スポーツ

快勝


日本が決勝進出を決めた。
世界一をかけ、決勝は21日、11時から
アマチュア世界一のキューバと行われる。

3度目の正直。その言葉にふさわしい会心の勝利。

序盤は 日本 上原 と 韓国 ソ・ジェウン との投手戦となる。
イチロー、川崎から 1,3,4回とチャンスを作るがあと一本が出ない。

しかし、7回に試合が動いた。

この回、先頭バッターの松中がライトを抜ける2ベースヒット。
2塁ベースにスライディングし、気持ちを抑えきれず、左こぶしをベースに叩きつける。

続く、多村はバントできず、三振。

いやな雰囲気が漂うが、王監督が今江から代打 福留 を告げる。

1ストライク、1ボールから福留の打球がライトスタンドに飛び込んだ。
2ランホームラン。日本2点を先制。

ここで、続く小笠原が死球。さらに暴投で2塁に進塁。

打撃好調の里崎が、レフトオーバーのエンタイトル2ベースヒット。

川崎のセカンドゴロの間に、里崎は3塁へ。
ここで、青木に代わって代打・宮本。
その宮本がレフト前にタイムリーヒットを打ち、里崎が帰り4点目が入る。

西岡、イチローの連打でさらに1点を加えた日本が
打者一巡の猛攻で7回に一挙5点を挙げた。

上原はすばらしいピッチングで7回を投げきり、マウンドを降りた。

そして、8回表、7回にバント失敗、三振した多村がバッターボックスに入る。
韓国6人目のピッチャー ペ・ヨンスから、左中間スタンドに飛び込むホームランを打った。

その後、雨のために中断をはさんだが、
8回 薮田、9回 大塚が韓国打線を抑え、日本の勝利。

見事、決勝進出を決めた。
[PR]
# by niba3 | 2006-03-19 16:31 | スポーツ

[速報] 日本 vs 韓国


準決勝 第2試合 日本 vs 韓国

日本勝利!!!

試合終了 日本 6-0 韓国

    1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本 0 0 0 0 0 0 5 1 0
韓国 0 0 0 0 0 0 0 0 0


1回表

投手:ソ・ジェウン

1:青木 1球目、ピッチャーゴロ。

2:西岡 3振でアウト。

3:イチロー 2球目、ライト前ヒット!!
そして、盗塁成功!!2アウト2塁となる。

4:松中 2ストライク、1ボールから、4球目をサードゴロで3アウト。



1回裏

投手:上原

1:イ・ビョンギュ 2ストライク、1ボールからレフト多村がキャッチ。

2:イ・ジョンボム 2ストライク、1ボールからフォークボールを捉え右中間に2ベースヒット。

3:イ・スンヨプ 2ストライク、1ボールからファールで粘るが、高めを空振り三振。

2アウト二塁となる。

4:チェ・ヒソプ ストライク、1ボールからパスボールでイ・ジョンボムが3塁に進塁。
4球目をファーストゴロで3アウトとなる。



2回表

投手:ソ・ジェウン

5:多村 1ストライクからショートゴロ。

6:今江 2ストライクからサードゴロ。

7:小笠原 1ストライク、1ボールからライトへ打つも
ライト イ・ジンヨン の良守備でフライに終わる。


2回裏

投手:上原

5:イ・ジンヨン セカンドゴロでアウト。

6:イ・ボムホ 2ストライクからセカンドゴロでアウト。

7:パク・ジンマン 2ストライク、3ボール、6球目のストレートを空振り三振。


3回表

投手:ソ・ジェウン

8:里崎 2ストライクからサードゴロ。

9:川崎 2球目をライトを抜けるヒット。2ベースヒット。

1:青木 ストレートのフォアボール。
1アウト、1塁、2塁のチャンス。

2:西岡 1ストライク、3ボール。
サードライナーでアウト、青木が飛び出し、1塁でアウトとなり
ダブルプレー。

チャンスを生かせなかった。。。

3回裏

投手:上原

8:チョ・インソン 見逃しの三振。

9:キム・ミンジェ ライトフライ。
2アウト。

1:イ・ビョンギュ 2ストライク、2ボールからサードゴロ。

上原が落ち着いたピッチングで3人で抑える。

3回を終わり 日本 0-0 韓国


4回表

投手:ソ・ジェウン

3:イチロー 2ストライク、2ボールからセカンド内野安打!!

4:松中 3ボールからイチローが盗塁。
2ストライク、3ボールから3塁のファールフライ。

5:多村 大きな打球がレフトに飛ぶが、フェンス前で失速、レフトフライ。

6:今江 センターフライに終わる。
イチローが2塁に残塁。


4回裏

投手:上原

2:イ・ジョンボム 難しい打球をレフトのファールゾーンで多村がキャッチ。

3:イ・スンヨプ ライトフライをイチローが捕球。

4:チェ・ヒソプ 2ストライク、1ボールからセンターフライ。

3者凡退。


5回表

投手:ソ・ジェウン

7:小笠原 1ボールからフライ。

8:里崎 1ストライク、1ボールからセンターフライ。

9:川崎 2ストライク、1ボールからセカンドゴロ。

甘い投球もあるが捕らえきれない。3者凡退。


5回裏

投手:上原

5:イ・ジンヨン センターフライ。

6:イ・ボムホ 3球三振。1アウト。

7:パク・ジンマン 2ストライク、3ボールからセンター前ヒット。

8:チョ・インソン センターフライ。

上原がテンポのいいピッチングで韓国打線を抑えている。


6回表

投手:ジョン・ビョンドゥ
サード:チェン ソンフン

1:青木 レフトフライ。

2:西岡 1ストライク、2ボールからセカンドゴロ。

3:イチロー 2ストライク、1ボールからショートゴロ。

ピッチャー左腕・ジョン・ビョンドゥに交代。3者凡退。


6回裏

投手:上原

9:キム・ミンジェ 1ストライクからショートゴロ。

1:イ・ビョンギュ 3球三振。

2:イ・ジョンボム 2ストライクからサードゴロ。

上原好投。3者凡退。


7回表

投手:ジョン・ビョンドゥ

4:松中 2ストライク、1ボールからライトを抜ける2ベースヒット。

ピッチャー交代でキム ビョンヒョン。

5:多村 バントできず、三振。

今江から代打 福留。

6:福留 1ストライク、1ボールからライトオーバーの2ランホームラン!!!!
福留の打球がライトスタンドに飛び込んだ。

不調だった福留が代打で結果を出した。2-0

7:小笠原 死球。

8:里崎 1ストライク、1ボール。パスボールで小笠原が2塁へ
そして、低めの球を打ち、里崎は打球はレフトオーバーのエンタイトル2ベースヒット!!!3-0

韓国ピッチャー交代。ボン チュングン。
1アウト、ランナー二塁、チャンスが続く。

9:川崎 セカンドゴロ。その間に、里崎は3塁へ。

2アウト、3塁。

代打、青木に代わって宮本。
韓国ピッチャー交代。ソン ミンファン。

1:宮本 レフト前にタイムリーヒット!!!!里崎が帰り4点目が入る。4-0

2アウト、1塁。

2:西岡 1ストライク、2ボールからセカンドの頭を越え、ライト前ヒット。

2アウト、1塁、3塁。

3:イチロー 1ストライクからライナー性の打球がレフト前に落ちて
タイムリーヒット!!!宮本が生還。5点目をイチローが叩き出した。5-0

4:松中 セカンドゴロ。

日本打線が爆発。一挙5点を取った。


7回裏

投手:上原

3:イ・スンヨプ 見逃しの三振。

4:チェ・ヒソプ 空振り三振。

5:イ・ジンヨン センター前ヒット。

2アウト、1塁。

6:チェン ソンフン 見逃しの三振。

上原、好投。すべてのアウトを三振で取った。


8回表


投手:ぺ ヨンス

5:多村 左中間スタンドに飛び込むソロホームラン!!!6-0

6:福留 レフトフライ。1アウト。

雨が激しくなったために中断。
15:14 再開。

7:小笠原 初球、サードファールフライ。

8:里崎 1ストライク、3ボールから、センター前にヒット!!

9:川崎 見逃し三振。


8回裏

投手:薮田

7:パク・ジンマン ライトフライ。

8:ホン・ソンフン 2ストライクからデッドボール。

代走:キム・ジュグル

9:キム・ミンジェ 2ストライク、2ボールから空振り三振。

1:イ・ビョンギュ 1ストライクからセンター前ヒット。

2アウト、1塁、2塁。

2:イ・ジョンボム ショートフライ。

薮田が8回を抑えた。


9回表

投手:オ・スンファン

1:宮本 サードゴロ。

2:西岡 1ストライク、2ボールからショートゴロ。

3:イチロー 1ボールからサードファールフライ。


9回裏

投手:大塚

3:イ・スンヨプ 2ストライク、1ボールから空振り三振。

4:チェ・ヒソプ 四球。

1アウト、1塁。
代走:ソン・ジンマン

5:イ・ジンヨン 見逃しの三振。

あと一人で勝利。

6:ソ・ジェセフ 2ストライクから暴投で2塁に進塁。
空振り三振。

日本勝利!!!!
6-0で韓国を破った!!!

[PR]
# by niba3 | 2006-03-19 12:11 | スポーツ
携帯電話3年ぶり出荷増へ=新機能、制度変更で特需


4月1日から始まる 移動体向け地上波デジタル放送 = ワンセグ 効果で
出荷数が伸びるかもね。

でも、電池どれくらいもつのかな。

様子見してから、機種変しよ。
[PR]
# by niba3 | 2006-03-19 11:33 | ニュース
王ジャパン、韓国と対戦 WBC準決勝、上原先発



キューバ 3 - 0 ドミニカ共和国

決勝の対戦相手はキューバ。

(引用)
「6回に失策で先取点を許したキューバは、
7回に内野安打と敵失などで無死二、三塁の好機をつくり、内野ゴロの間に同点。
さらに適時打と犠飛で2点を勝ち越した」
[PR]
# by niba3 | 2006-03-19 11:02 | スポーツ
イチロー「3敗は許されない」自身の美学“魅せて勝つ”を封印!


今日は打順を変えてくる。

1番にこだわってきたイチローを3番におく。とテレビで報道。


1番 青木宣親
2番 西岡剛
3番 イチロー
4番 松中信彦
5番 多村仁
6番 今江敏晃
7番 小笠原道大
8番 谷繁元信
9番 川崎宗則
[PR]
# by niba3 | 2006-03-19 10:40 | スポーツ

インディは飼い犬の名前

インディ・ジョーンズ新作がクランクイン間近

ジージ・ルーカスが発案し、スティーブン・スピルバーグが監督した
ヒット作。

第1作 『レイダース 失われたアーク』

第2作 『インディ・ジョーンズ魔宮の伝説』

第3作 『インディ・ジョーンズ最後の聖戦』

と過去3作あり、いずれも名作です。

僕は最後の聖戦が好きです。
[PR]
# by niba3 | 2006-03-19 03:34 | ニュース

シャラポワ vs ヒンギス

パシフィック・ライフ・オープン女子、シャラポワがヒンギスを下す


2006年、現役に復帰したマルチナ・ヒンギス。

彼女は、1997年3月31日に「16歳6ヶ月」で史上最年少の世界ランキング1位になった。

天才の名を欲しい侭にしていた彼女だが、

ダベンポート、ウイリアムズ姉妹のパワーテニスにおされ
2003年に一度、現役を引退した。

今年2月に、東レ・パンパシフィック・オープンで、シャラポワを破り、
決勝に進出。

2度目の対決となったドバイ・オープンでは、シャラポワが雪辱を果たしていた。

らしい。
[PR]
# by niba3 | 2006-03-19 03:24 | スポーツ